<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ツバメ

 平成24年7月31日(火)
 ようやく柔道で金メダルを取りました。見ていて安心感のる試合運びでした。

 先日、電線にとまっているツバメを見つけました。写真を撮っていると、親鳥がエサを与えていました。休んでいるのがヒナで、飛んでいるのが親鳥でした。(逆光で明るさを補正)
 ツバメの巣が非常に少なくなりました。この界隈ではツバメの巣は見当たりません。002.gif
燕来てひな鳥のような園児らが丸く見ている私鉄の駅舎 松間常子

e0232277_10445186.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-31 10:49 | | Comments(0)

アサガオ(2)

 平成24年7月30日(月)
 猛暑。昨日の夕方善福寺川で見慣れない80cmくらいのヘビを見つけ、図鑑で調べるとシマヘビでした。

 アサガオが咲き始めました。昨年(クリックでジャンプ)は手入れがよかったのかきれいに咲いていましたが、今年はその種が落ちて発芽?したらしく、雑草に交じって咲いています。ボランティアの方に感謝しています。今年もきれいなアサガオ、ありがとう。001.gif
e0232277_10232188.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-30 10:23 | 歳時記 | Comments(0)

日比谷公園旧管理事務所

 平成24年7月29日(日)
 今日は朝の散歩、どんぐり山でツミ(クリックでジャンプ)のつがい?を目撃。今朝も暑く、重い双眼鏡を持参しませんでしたのでシルエットでしか見ることが出来ませんでした。

 今日はパリの凱旋門が竣工した日(1836年)だそうです。昔、凱旋門を見にパリで地下鉄に乗ったが凱旋門がどこにあるかわからなかった。ふと、エトワールと書いたお菓子(ケーキ)の名前を思い出し、エトワールの駅で下車、地上に出たら、絵葉書と同じ凱旋門があった。

 7月20日に日比谷公園に出かけた際、素敵な事務所があった。明治43年ドイツ風バンガロー様式。福田重義氏の設計とある。
e0232277_10511927.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-29 10:52 | 歳時記 | Comments(0)

アブラゼミ

 平成24年7月28日(土)
 昨日は36.1℃。あまり暑いのでお昼は外で食べた。夕方はちょっと涼しい風が吹き抜けた。どんぐり山にヒグラシの声。ロンドンオリンピックが始まりました。

 済美養護学校の生垣にアブラゼミの抜け殻を見つけた。
油蝉何匹も飼うポプラの木抜けがらは足ぐいと踏んばる 五十嵐博代

e0232277_10384431.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-28 10:40 | 歳時記 | Comments(0)

日比谷公園

 平成24年7月27日(金)
 昨日は3時過ぎから夕立。気温が一挙に下がった?がすごく蒸し暑くなった。夕方の散歩は汗びっしょり。

 7月20日銀座天賞堂で小さな機関車を見た話はすでに述べた。昔ヨットの模型(リモコン式)を買ったことがある。ヨットはどこに置いてあるのか尋ねたが、”扱っておりません”との返答だった。
 学生の頃、日比谷図書館をよく利用した。今は日比谷図書文化館という名前になったらしい。
 
もういいよ好きなことしていいんだと言われるころに好きなことなし 渡辺文子

 日比谷公園
e0232277_111117.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-27 11:02 | 歳時記 | Comments(0)

水道工事

 平成24年7月26日(木)
 今朝和田堀公園のカイツブリ、巣をあけて、ちょうど巣に戻ってくるとき、卵(3つありました)にかけた草を取り除き温め始めました。巣を離れるときは卵を葉で覆い隠してから巣を離れているようです。038.gif

 p/s 昨日の行方不明のネコは尾が短いそうです。どうやら写真のネコとは違うようでした。

 洗面所の水道蛇口の付け根から、水が少し漏れているのを発見。プライヤーでばらしてみると、腐食していました。DIY店で買い求め修理しました。家族は誰も気づきません。
がんばるが何かを許す言い訳にならないように今日もがんばる 安藤匡宏

e0232277_10575663.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-26 10:59 | 歳時記 | Comments(0)

ノラ

 平成24年7月25日(水)
 先ほど杉並区に光化学スモッグ注意報が不気味なサイレンとともに発令された。
今日は散歩小道グループの懇親会。10名が集まった。

 飼いねこの行方不明の張り紙。7月12日から行方不明とある。なんとなくこの写真のノラと似ている。夕方の散歩の際、詳しく見てみよう。
逃げながらふり向く距離を知る子猫 青野迦葉

e0232277_14401024.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-25 14:41 | 歳時記 | Comments(0)

ある小さなスズメの記録

 平成24年7月24日(火)
 今朝はくもり、カイツブリは抱卵中。オス?は巣作り、補強していました。(例年の心配事ですが、もっとかさ上げしないと、大雨で巣が水没する恐れがある)

 杉の樹大学のFさんから首題の本「ある小さなスズメの記録」クレア・キップス著 梨木香歩訳 (Sold for a Farthing by Clare Kipps)をお借りして何日か前に読み終えた。物語は1940年ヒットラーの空軍がロンドン空襲、防空監視員の女性とスズメの物語。気に入った一節(雀でなく申し訳ないが)
シンガポールが陥落した当時、そこの緊急医療所の所長をしていた宣教師団の女医のところへ、足を怪我した小さな雑種犬が連れてこられた。治療はとてもうまくいき、数日後には家へ送り届けられた。次の週、彼女と看護婦たちは一匹の犬が、何やら扱いにくそうなものを引きずってテントへ近づいてくるのに気付いた。その犬はついこの間、彼女が治療した患者、あの雑種犬だった。お祈りのときに使うひざ布団を持ち込み、感謝のしるしとして女医の足元へ置くと、懸命に尾を振りながら嬉しそうに吠え、そして立ち去ったのである。

 わが名犬うめきちは、感謝を表す時はぬるぬるの舌でわが顔を舐めてくる。ただ気持ち悪いだけであるが、感謝していることは判る。(どんな時感謝するか名犬ゆえ、すぐに思いつかないが・・・)
 善福寺川のカルガモのエサのパンくずを横取りする、日本のスズメ
e0232277_1049264.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-24 10:55 | | Comments(0)

ねぶた

 平成24年7月23日(月)
 カイツブリの報告。昨夕の散歩で巣に卵一つ発見。2羽で巣作りしていました。今朝1羽が抱卵中。
善福寺川のカルガモ。今朝4羽(以前は7羽いました)の小さなヒナが母親鳥に守られて泳いでいました。

 青森県りんごジュース缶をいただいた。缶のラベルにねぶたの絵。(クリックでジャンプ)それを描きました。
 ねぶたとは、七夕祭りの灯篭流しの変形。「ねむりながし」の眠りがねぶたに転訛したとありました。
e0232277_10265929.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-23 10:28 | 歳時記 | Comments(0)

カイツブリ(5)

 平成24年7月22日(日)
 今日は24節気の大暑。涼しくて長袖を出して着ている。
 7月1日にカイツブリが巣作りを始めましたと記述しましたがその後、巣作りをしないまま時間が経過しました。
7月19日再び?巣作りを始めました。それが下の写真です。20日の朝、巣はもぬけの殻、昨日の夕方は2羽で巣作り。今朝、またもやいません。散歩する人たちがみなさん注目しているのですが、例年やきもきさせられます。001.gif去年の8月2日の写真はこちら。(クリックでジャンプ)
e0232277_1171851.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-07-22 11:08 | | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧