<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

蓑毛越え

 平成24年4月30日(月)
 昨日は家内と丹沢三の塔から風の吊橋、大倉へ計画。小田急線の秦野駅でびっくり。ヤビツ峠行きのバスは長蛇の列。諦めて急きょ、蓑毛行のバスに乗る。こちらは二組のグループのみ。ゆっくり歩く。
 路傍にオドリコソウ。花の形が笠をかぶって踊る人の姿を思わせるのでこの名がついた。
e0232277_11223792.jpg

 蓑毛越え(680m)で430Mhz埼玉県吉川市/JS1RBKとつながる。
 大山下社へ向かう道で小さなヤマルリソウの群落を見つける。
e0232277_11272458.jpg

 見晴台(770m)でメインコースに合流。ここは混雑、木陰で50Mhzの水平ダイポールアンテナを立てる。南房総市/JH1UUB他4局とつながる。大山の山頂(1252m)のアンテナが中央くぼみに見える。
e0232277_11321936.jpg

 見晴台を13時23分に下山。日向薬師のバス停に15時10分に着きました。下社でタゴガエル、見晴台でホオジロ、日向薬師林道でオオルリ(声のみ)ベニシジミも見ることが出来ました。043.gif
[PR]
by asakita6 | 2012-04-30 11:41 | 山歩きと無線 | Comments(0)

モクレン

 平成24年4月29日(日)
 昨日は久しぶりに近所の公園で7Mhzと50Mhzの無線運用。岩手県紫波町/JR7JPOとつながった?こちらの電波が弱く、交信は不成立。50Mhzに移り、JA1ASJ/1つくば市とJH1DBV/横浜市緑区とつながった。

 モクレンの花をいただいた。絵を描いているうちに花が咲きだしてだいぶ開いてしまった。亡くなった父もこのモクレンを母の帯に描いて贈ったが、その帯を使われずに箪笥に仕舞ったままのような気がする。
e0232277_183320.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-29 06:00 | アマチュア無線 | Comments(0)

セリバヒエンソウ

 平成24年4月28日(土)
 昨日は雨の中、八王子の東京富士美術館に「北京・故宮博物院展」を見てきました。平日の雨の降る日。満員でした。

 24日の新宿御苑で珍しい花を見つけました。芹葉飛燕草。中国原産の1年草。葉がセリのように細かく切れ込んでいるのでこの名がついたそうです。001.gif
e0232277_10223690.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-28 10:22 | 歳時記 | Comments(0)

ハンカチの木

 平成24年4月27日(金)
 今朝は強い雨が降っています。

 24日の日に家内と新宿御苑に「御衣黄」という緑色のサクラを見に行きました。ところが園内のパンフレットを見ていると、「ハンカチの木」に皆さん向かっていました。確か小石川植物園で見た記憶があります。神宮外苑にも確かあったような気がして調べるとこちらは「ナンジャモンジャの木」でした。
 中国西南部の標高2000m付近の森林に自生する珍しい木。
e0232277_1041491.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-27 10:07 | 歳時記 | Comments(0)

三春の滝桜

 平成24年4月26日(木)
 昨日は高尾の森林科学園にサクラを見に行きました。今朝の朝日新聞に三春の滝桜が5分咲きという記事と写真が載っていた。
 たしか、仕事で三春を訪れた際、この滝桜を見に行った。観光バスが沢山駐車していていてびっくりした記憶がある。あれから15年もたっているのに、樹齢1000年といわれている。正確には1015年?この短歌の作者は判らない。001.gif
e0232277_1083490.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-26 10:13 | 歳時記 | Comments(0)

ツクシ

 平成24年4月25日(水)
 昨夜、突如雷鳴。天気予報は当たった。

 先日、道志川の土手を歩いて、ツクシを久しぶり見つけた。善福寺川の土手にも護岸改修工事をやる前までは見られた。昔函館のA工場建設の際、その敷地にたくさんのツクシを発見。摘んで持ち帰った。随分たくさん摘んだのに小皿にちょこっと載っているだけでがっかりしたことを覚えている。でも非常においしかった。001.gif
用水の向こうばかりにつくしんぼ 薄井逸走
e0232277_2020134.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-25 06:06 | 歳時記 | Comments(0)

Y氏宅のキンカン

 平成24年4月24日(火)
 久しぶりの晴。今日は暖かくなるそうだ。
 昨日は終日の雨。午後から川口のYさんからいただいたキンカンを描いた。雨の日だと色々考えることが多い。
振り返ると憂鬱になる人生であってはならぬと己を叱る 佐久間喜資
e0232277_1144599.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-24 11:08 | 歳時記 | Comments(0)

春の道志川

 平成24年4月23日(月)
 霧雨のような中の散歩。思ったより濡れていました。サトザクラが満開になりました。宮木橋から大松橋まで約200mの間に数えたら17本のサトザクラの並木になっています。

 4月15日の旧青山浄水池散策の際の絵です。正面の山は418mの無名峰(山座同定をしていないので正確ではありません。右側の山は石老山694.3m?)
 今朝の朝日新聞俳壇
真ん前に整ひきたる春の山 鶴田幾美
e0232277_1054281.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-23 10:58 | 山歩きと無線 | Comments(0)

鳩サブレー

 平成24年4月22日(日)
 くもり。双眼鏡をぶら下げての散歩。2,3日前に済美公園でチドリが飛び立つのを見た。また戻ってきたらしい。今朝は見ることが出来なかった。

 今朝の日経新聞歌壇
鳩サブレ絶対くちびるから食べる。くちびるじゃなくてくちばしか 佐藤友美

 この句を見て、いただいた鳩サブレーを思い出した。
 サブレーはフランス語で砂の意。小麦粉・バター・卵黄・砂糖を混ぜてこね、型ぬきして焼いた菓子。さくさくした歯ざわりがする。001.gif
e0232277_1427261.jpg

[PR]
by asakita6 | 2012-04-22 14:28 | 歳時記 | Comments(0)

忠犬ハチ公

 平成24年4月21日(土)
 曇り。朝の散歩は手が冷たく、手袋がほしかった。

 「生きる形」東京大学総合研究博物館 河部壮一郎・松岡象一郎・山田昭順・遠藤秀紀 著の本に「東大inハチ公論」を遠藤先生(最近気を付けてみているとよくTV番組に登場する)が書かれている。
 この文章は1935年にハチ公が死んで、その臓器は東大の病理学教室に保管。剥製は国立科学博物館に展示されている。ハチ公と東大のあり方を述懐している。
 
ハチ公は死ぬ以前から、忠義のイヌとして扱う意思がすでに社会の側に広まっていた。渋谷駅前の初代のハチの銅像は、ハチが生きている間に建てられたものだ。1934年、初代銅像の除幕式には生前のハチが参列している。

 こちらは我が家の名犬うめきちの像?うめきちのお墓は当初どこかの霊園と考えていたが中野孝次氏の「ハラスのいた日々」と同じように我が家の狭い庭に埋葬した。その墓石がいまだ玄関に置かれている。
e0232277_10311829.jpg

 
[PR]
by asakita6 | 2012-04-21 10:35 | | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧