カテゴリ:山歩きと無線( 438 )

ジャノヒゲが正式名称

平成31年1月15日(火)
 昨日は甲州街道の東京と神奈川の県境、大垂水峠へバスで上がり南高尾山稜を梅の木平まで歩きました。無線運用とシモバシラを見るのが目的です。まだ暖かいせいか見当たりませんでした。

 約50分で大洞山536mに着きました。ベンチとテーブルのある山頂ですが杉の植林に囲まれ眺望はありません。そして寒いー。

 15局と交信できました。(JA1UOA/奥多摩日の出山902m、JQ1UCA/丹沢大山見晴台、JI1RPN/群馬県神流町白石山1102m)

 三沢峠に15:02に着きました。足元に瑠璃色の小さな実を見つけました。「リュウノヒゲ」とも呼ぶそうで「ジャノヒゲ」が学名のようです。
e0232277_12180546.jpg

[PR]
by asakita6 | 2019-01-15 12:18 | 山歩きと無線 | Comments(0)

馬引峠の馬頭観音

平成31年1月7日(月)
 今日は七草。お昼に七草粥をいただきました。絵を描かないうちに料理にされました。何度描いているの?これが答えでした。

 12月24日青梅駅から長淵山トレイルを歩きましたが、馬引峠付近に馬頭観音、安永3年(1774年)240年以上も前に建立されたもののようです。

 馬が移動や荷運びの手段として使われることが多くなった。これに伴い馬が急死した路傍に馬頭観音が多く祀られ動物の供養塔としての意味合いが強くなった。

 恐らく炭だしの馬が亡くなったのでしょうか、小さな観音様でした。
e0232277_14201864.jpg

[PR]
by asakita6 | 2019-01-07 14:21 | 山歩きと無線 | Comments(0)

南高尾山稜を歩く(3)日溜りハイク

平成31年1月6日(日)
 今日は小寒。昨日は15℃、今日は8℃。

 南高尾山稜は歩く人が少ない、静かな山歩きが出来ます。12月30日は風もなく静かな山歩きが出来ました。

 一枚の落葉に音のありにけり 竹田賢治

e0232277_14034700.jpg





[PR]
by asakita6 | 2019-01-06 14:04 | 山歩きと無線 | Comments(0)

南高尾山稜を歩く(2)ここから富士山が見える!

平成31年1月5日(土)
 12月30日に南高尾山稜を歩きました。いままで気づかなかった富士山が見えました。

山の端に白い山が見えました?(中央部) 
e0232277_10334336.jpg


 晴天やなんと大きな雪の富士 山本直子
鉄塔が見える。景信山と堂所山の鞍部かもしれない。
e0232277_10372882.jpg


[PR]
by asakita6 | 2019-01-05 10:38 | 山歩きと無線 | Comments(0)

JR藤野駅から金剛山を歩く

平成31年1月4日(金)
 昨日は9時過ぎに中央線藤野駅から金剛山を目指して歩きました。相模川の弁天橋を渡る。西に権現山?1019mが見える。カメラを出したらメモリーカードが入っていない。119.png

 まず名倉山(一本松山)337mに登ります。霜に足がとられます。10時過ぎ山頂に、ここで群馬県館林市/JI1FXSと交信。すぐ下山。約10分でアスファルト道に。20分歩いて再び登山道に入ります。

 ここは北斜面。霜柱が5cmもあります。25分も階段が続き汗が吹き出します。2,30m先にジョウビタキ?双眼鏡を合せますが探しきれません。ようやく尾根に出ました。ここからは西にやせ尾根を歩きます。

 枯葉に埋まったやせ尾根を歩きます。何度か枯葉に足をとられます。左に落ちたら2,30m落ちると思ったら立木にしっかり掴まりながらの歩きとなりました。鶴島金剛山は視界なし。手前のピークで4mのアンテナを上げ、JI1RAA/土浦市をはじめ8局と交信、お昼にする。

 来た道を引き返し名倉金剛山418mを通過、見晴台のベンチでJH1KVQ/道志村と交信これで10局と交信達成。アスファルト道に飛び出す。てっきり秋山川橋?とおもったら天神峠でした。地図をよく見ると見晴台が二つあり、これを見誤った。また登り返さなければならない。

 登り返す元気がない。1時間半以上歩き藤野駅に戻る。30分待って15時45分の満員電車に乗る

 葛原の里から陣馬山857m(右側ピーク)の山並み、里でホオジロ、ツグミを見ました。
e0232277_15502387.jpg

e0232277_14555547.jpg

[PR]
by asakita6 | 2019-01-04 14:58 | 山歩きと無線 | Comments(0)

明日の幸福・ヤブコウジ

平成31年1月3日(木)
 冬枯れの山歩き。ヤブコウジを探しながらの歩き。大きな赤い実を見つけると何となく心が温まるような感じです。

 ヤブコウジは十両、花言葉は「明日の幸福」だそうです。何となく納得。十両がラストと思っていたらなんと「一両」アリドウシというのがあるそうです。102.png
e0232277_11522915.jpg

[PR]
by asakita6 | 2019-01-03 10:37 | 山歩きと無線 | Comments(0)

南高尾山稜を歩く(1)

平成31年1月2日(水)
 12月30日は南高尾山稜を11時過ぎに京王線高尾山口から歩きました。霜がうっすらと登山道についていました。枯葉に埋もれた道を歩きます。遠く高尾山薬王院のほら貝の音が聞こえます。

 静かな道を歩いていると、一瞬キラッと光り輝きます。足を止めじっくりとみるとテイカカズラの白い絹のような羽毛の種子でした。

 み山にはあられ降るらし山となるまさつのかずら色がつきにけり

 式子内親王を愛した藤原定家が死後も彼女を忘れずついに定家かずらに生まれ変わって彼女の墓に絡みついたという伝説。
e0232277_11504947.jpg

[PR]
by asakita6 | 2019-01-02 11:15 | 山歩きと無線 | Comments(0)

長淵山トレイル(3)苗代苺の実を見つけました

平成30年12月28日(金)
 先日の赤ぼっこ409.6mを目指して、樹林帯から抜け出し風も遮る日溜り道になりました。南斜面に小さな赤い実がきらりと光りました。山渓ポケット図鑑によると花期は5~6月頃、果実は苗代を作る頃熟し(苗代を作るのは5,6月ごろ?)、ジャムにして美味。

 赤き実のある間しきりに小鳥来る 和才紅絲

12月24日撮影 ようやく2粒ほど残っている
e0232277_12173902.jpg



[PR]
by asakita6 | 2018-12-28 12:18 | 山歩きと無線 | Comments(0)

長淵山トレイル2 赤ぼっこ409.6m

平成30年12月26日(水)
 24日天祖神社から歩き初めました。登山道は落葉で分からず何度も磁石で方向を確かめました。風が強くなり、コナラの木が大きく揺れています。24号台風の影響?倒木が多い。旧二ツ塚峠から西に大きく方向を変えます。

 広域処分場?産業廃棄物の焼却?フェンス・ネットが延々と続き興ざめ。視界なし。11時半過ぎ目的地の赤ぼっこ409.6mに着く。この日初めての展望、川苔山、高水三山が見えるが北風が強く、無線のアンテナを上げることが出来ない。風よけに風下側に5,6m下りて倒木に座り、ホイップアンテナで群馬県榛東村のCQに応答するもピックアップされない。

 諦めて呼び出し側に回る。栃木県佐野市JI1XIX局、JR1UBR/大宮区の2局で寒くて引き揚げ。昼食もどこか風除けの出来るところを探し撤収。

 赤ぼっこの由来は関東大震災の時に山頂付近が崩落し赤土が露出、地元の呼称で赤ぼっこと呼ぶようになったと説明板があった。

 大宙(おおぞら)は億光年先が見えるのに地下十キロが読めぬ災ひ 上田国博

 赤ぼっこ山頂409.6m
e0232277_13043267.jpg

[PR]
by asakita6 | 2018-12-26 12:03 | 山歩きと無線 | Comments(0)

強風のなか長淵山トレイルを歩く(1)

平成30年12月25日(火)
 昨日は7時44分新宿発の電車で青梅駅へ。秋川街道を歩きます。天祖神社の階段を数えながら登ります。

 223段?(230は数えましたが)境内では正月の準備中、二ツ塚峠の道を尋ねました。ここで服装をベストとラガーシャツのみに整えました。

 神社上のベンチにおかしな二つ目小僧?つぎの道標で意味が解りました。多分案内のマスコット?と思われます。石を黒く塗り、大きな目玉を描きどことなくユーモアがあります。

 ベンチの黒石くん(見守りくん?)。
e0232277_15313295.jpg

道標にも見守り君が
e0232277_15330046.jpg


[PR]
by asakita6 | 2018-12-25 15:35 | 山歩きと無線 | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る