人気ブログランキング |

2013年 06月 24日 ( 1 )

和同開珎の遺跡

 平成25年6月24日(月)
 今朝は小雨が降っている。ちょっと膝が痛い。昨日の山歩きの影響。

 昨日は秩父鉄道親鼻駅から簔山587m(国土地理院の2.5万図は581.5m)を登りました。駅を降りた登山客は二人のご婦人のみ。それも萬福寺で別れ、一人尾根道を歩く。山頂展望台で昼食後、無線開始8J1VLP/1太田市、JS1AEN/1皆野町、JQ1TIV/1つくば市、8J1TK/1千代田区の4局のみ。目の前の武甲山1295mと陣見山531mをスケッチ。2時半過ぎ下山。麓から蒸気機関車のボォー・ボォーッという警笛音。今日はSL運行の日。樹林帯の中で懐かしい音だけ聞くことが出来ました。

 ようやく黒谷の里に出た。和同遺跡が見つからない。通過してしまったようだと諦めかけていた頃ひょっこり説明板と標識を見つけた。約1300年前ここで銅の鉱脈を発見。こんなところから奈良の都へ運んだとは信じられない、それは時間が止まったような不思議な空間でした。

 時間がとまったような古道
e0232277_11313445.jpg
 3m以上もある大きな像
e0232277_11315651.jpg
  採掘跡
e0232277_11321310.jpg

by asakita6 | 2013-06-24 11:44 | 山歩きと無線 | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る