人気ブログランキング |

身近な自然 カラスノエンドウで学んだこと

平成29年5月12日(金)
 先日TVを見ていたら、カラスノエンドウは豆果のサヤ(seedpod)が熟すと真っ黒になるのをカラスにたとえた名前。といっていた。
知りませんでした。気をつけて見てみようと散歩のついでに写真を撮った。

 巻きひげでかぜをつかまえくすくすと浜の離宮の烏野豌豆 松本知子

 昨日、真っ黒になったサヤを見つけた。(写真1)ちなみに(カラス ノ エンドウ)ではなく(烏野豌豆)が正しいと我が家の学芸員。


 そして図書館の新刊コーナーで「身近な自然の観察図鑑」盛口満著(CHIKUMA SHINSHO)を何気なくぱらぱらめくっていたら「カラスノエンドウ」が載っていた。それには

 花以外のところから蜜を出す:花外蜜腺→蟻を引き寄せて葉を食べる虫から身を守るそうです。(写真2)(写真3)

                (写真1 黒いサヤ)
e0232277_11081896.jpg
(写真2 花外蜜腺:花の付け根の点)
e0232277_11100963.jpg
(写真3 クロヤマアリ?とアミメアリ?)

e0232277_11124705.jpg



by asakita6 | 2017-05-12 11:20 | 歳時記 | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る