人気ブログランキング |

ヘラクヌギカメムシが運命を変えたのです

 平成27年12月21日(月)
 昨日は中央線JR相模湖駅発のバスで石老山702mへ。関口の集落でロウバイが早くも満開。石老山は1990年と1997年の2度登っているが顕鏡寺まで礫岩の20mはある奇岩群に記憶がない。。

 頂上に11時前に着いた。大きな富士山がくっきりと見える。今回は先に無線機を組み立て、昼食は後回し。19局と交信。ひたちなか市/JH1WFS、JE1QVO/常陸大宮市155Kmが最遠。いつの間にか山頂は大賑わい。12時半過ぎに下山。

 下山路も記憶にないが靴ひもを締め直し慎重に下る。大明神山551mはベンチが一つ。道標を見直して確認した。大明神山展望台557.4mは眼下の相模湖、その向こうに陣馬山の馬の像を双眼鏡で確認し、何となく思い出した。

 ホイップアンテナでJI1IHV/雨乞山429mと交信出来た。ふと見るとベンチにカメムシ。接写で撮るがうまく撮れない。結局3枚。誰もいなくなった展望台を後にする。この3枚の写真撮影が駅まで40分も国道を歩く原因となった。

 15:01プレジャーフォレスト前のバス停に着いた。目の前をバスが動き始めた。乗せてくれるかなと期待したが運転手は手を上げただけで信号が青になるのを待って動き始めた。次は15:40。

 40分待つなら歩こう!・・・・・・・相模湖駅に着いたらほとんど同時に15:40のバスが入ってきた。042.gif

 国道を40分以上歩かせてくれたヘラクヌギカメムシ
e0232277_14384957.jpg

by asakita6 | 2015-12-21 14:37 | 歳時記 | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る