人気ブログランキング |

堀の内橋

 平成23年3月6日
 今日は啓蟄。たしか我が家の小さな小さな池にガマガエルが産卵していたのはと日記を探したら4月16日(それも一昨年)。さらに調べてみたら2月16日(これも一昨年)ガマガエルが善福寺川の護岸工事現場でさまよっているのを発見。ちょっと躊躇したが手づかみで近所の公園の生垣の中にはなしてやった。

 写真は私の父の初めての油絵の作品。我が家から堀の内橋を展望した絵です。(今はマンションが立ち並び全く眺望はありません)こいのぼりが泳いでいるので5月の新緑の季節です。遠く熊野神社の杜が見えます。

 この頃は夜になるとフクロウのさびしい鳴き声が聞こえてきたこと思い出します。橋も木製でした。この絵のころは堀の内橋の下流で土手は切れ、大雨の洪水はこの土手の切れたところで田んぼに誘導され、遊水池の役目をしていたのでしょう。地名の通り堀の内、和田堀の名前に納得します。

 私の記憶では、昭和33年狩野川台風のとき、田んぼが冠水し、遊水池?の役目を果たしたようです。その後下水道が敷設されて、今のように雨が降れば下水の水が流入し、床上、床下浸水が恒常化されたようです。

 そして今、善福寺川の護岸工事は真っ盛りです。またこの遊水地の役目を環状7号線の下に直径25mもの遊水池?を巨費をかけて作っています
027.gif
e0232277_10214725.jpg

by asakita6 | 2011-03-06 10:26 | 歳時記 | Comments(0)

善福寺川散策・山歩きと山頂からの無線・自然観察・絵


by あ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る